バティックはインドネシアのロウケツ染めの布です。日本では“ジャワ更紗”とも呼ばれ親しまれてきました。本来、蝋で模様を描き、染色をする工程を何度も繰り返し染め上げます。しかし、現在のインドネシアでは、その9割近くがバティック柄のプリント布になってしまいました。数多くの技法があり、それらを組み合わせるので品質を見分けるのはなかなか困難です。バティックを取り巻く環境の変化から、インドネシアで質の良いバティックに出会うのも難しくなりました。
  私は長年、インドネシアの伝統工房との関わりが深いので、バティックの地域差・技術・品質・製作についてや生活の背景などを紹介し、その魅力をお伝えしたいと考えていました。皆様に興味を持っていただき、バティックを知ってもらいたいと思い、このホームページを開きました。                             伊藤ふさ美


                       

TOP